イメージ

アラキドン酸の主要な効果一覧

アラキドン酸には具体的にどのような効果があるのでしょう。
直接の効果としては人体を構成する細胞の構成膜になる事が一番です。
それも脳内にある神経細胞の細胞膜、それを柔らかく構成するのがアラキドン酸による効果の原点とも言えます。
神経細胞を成長させるため、そして神経細胞の間で情報の伝達が行われるのに必要な、細胞膜の柔らかさを確保してるんですね。
かつては人間の脳というのは3歳頃を最後にピークを迎え、あとは死ぬまでゆっくりと細胞が死んでいくと考えられていました。
しかし、最近の研究ではその後も新しい細胞が生まれる事がわかってきました。
その時に、乳幼児の頃と同じようにアラキドン酸が十分にあれば、脳が活発なだけでなく、新しい神経細胞を生んで、発達していく事も可能です。
それだけでなく、プロスタグランジンというホルモンの材料となって、高血圧やコレステロールを抑制していく効果もあります。
また、研究が進むにつれ、新しい効果が次々と発表されているのです。
まだ検証が十分では無いのですが、胃の粘膜が荒れている状態の改善や、視覚の改善、精神的な発達異常に対する改善などの効果も報告されています。
アラキドン酸は肉や魚など多くのみなさんが日常的に食べている食材に含まれています。
また、サプリメントhttp://www.exopoliticsradio.com/besutona.htmlで補うこともできるので、是非摂取していきましょう。