イメージ

メンタルケアにアラキドン酸

アラキドン酸が乳幼児や高齢者に推奨される理由、は脳の働きを活発にしたり、成長を助けるためです。
同じ理由で、精神的な疾患や障がいを持っている方にもオススメできます。
うつ状態や統合失調症などで精神的に安定しない場合は、脳の働きが低下して物事に対する意欲が極端に低下します。
また、精神的な安定が大きく乱れる事があります。
そうした時にアラキドン酸を摂取する事で、元気になったり、活発な動きができるようになってきます。
http://www.thebrainmachine.com/syokujide.htmlで紹介されているような食品に含まれています。
ある意味では、そうした精神的なケアが必要な状態というのは食欲も無く、そうなればアラキドン酸の必要量を摂取できません。
それにより脳の働きが落ちて、頭の回転や記憶力が落ちてうつに、という悪循環の中にあると言えます。
そこでアラキドン酸を積極的に摂取する方向に切り替える事で、悪循環からの脱出が図れます。
同じようにアスペルガー症候群や自閉症、発達障害のお子さんなどをおもちの場合にも効果が見られます。
しかし通常の食事がどうしても難しい場合には、サプリメントhttp://www.saratoga-uu.org/sextusuryou.htmlの積極的な活用も一つの手段です。