イメージ

アラキドン酸を多く含む食品

アラキドン酸が多く含まれる食品の代表は「母乳」です。
DHAとともに乳幼児に必須な成分の代表格なのがアラキドン酸ですが、乳児は大人のような食事はできません。
そのため、人間が生まれたばかりの乳児を育てるために、必然的に備えられたのが「母乳」http://www.ableproject.org/milk-arachidon.html言えるでしょう。
ではその後普通に大人のような食事をとれるようになると、どのような食品にアラキドン酸は多いのでしょうか。
代表的なのはレバーをはじめとする肉類、それに魚卵など卵類、そして魚です。
実は植物性の食品のほとんどからはアラキドン酸は摂取できませんが、例外もあり、ひじきや昆布などの海藻類http://meruhen.kir.jp/kaisou.htmlには含まれています。
ベジタリアンなど、様々な理由で肉を食べられない人は、海藻類を普段から食べておくようにすれば間違いありませんん。
また、そうした固形物をどうしても摂取できない人の場合は、サプリメントで補うケースもあります。
しかし、歴史の浅いアラキドン酸にはまだサプリメントが少ないのです。
数少ないサプリメントで合うものが無い人は、ミドリムシにもアラキドン酸が含まれていますので、ミドリムシサプリでの代用を推奨します。
http://www.alhospitality.org/yuuukouseibunn.htmlでは、アラキドン酸に含まれる有効成分について詳しく解説されています。