イメージ

過剰摂取に注意なアラキドン酸の適正量

アラキドン酸は、普通に食事している分には意識して摂取する必要が無いとまで言われています。
日本人はこの50年で大きく食生活が変わり、アラキドン酸が多く含まれる肉類http://www.splitbritches.com/pages/aboutus.htmlの摂取が増えたので、気がつかないうちに必要量を摂取するようになっていました。
そのため、何十年も前から比べると子供の身長が大きくなり、大人として成長する頃には、昔とは比べ物にならない身長や体重に成長しています。
そうなるとむしろ怖いのは過剰摂取した時です。
他の健康食品や栄養素でもその傾向はありますが、アラキドン酸にはそれに増して、「過剰摂取は全ての効果が逆効果になる」という大きな特徴があります。
具体的には大腸がんや動脈硬化、アトピー性皮膚炎の増加、アレルギー性の湿疹を起こす事もあるので、アレルギー体質の方は特に注意しましょう。
それでは一日の摂取量の目安はどのくらいかと言えば、卵で言えば3個分です。。
実際に卵をそこまで食べるとコレステロール過剰になりますから、いろいろな食品をまんべんなく食べましょう。
他の栄養素のバランスをとる中で結果的にアラキドン酸も十分摂取できているというのが正解です。
なお、ダイエットで極端に食事が減っている人はアラキドン酸不足http://sidecloudload.com/scarcity.htmlな傾向がありますから、そこはサプリメント等で補いましょう。